消費者金融の申し込み条件・チェックポイント

消費者金融の申込み条件は、だいたい各社とも共通しており、20歳から70歳未満(69歳以下)の安定した収入のある人なら申し込みが可能です(注:モビットは65歳まで)。しかし、これだけの書き方では、本当に自分が申し込めるのかが分かりにくいケースもあります。

申し込み条件をもう少し掘り下げ、個々のケースについて解説しておきます。

 

とにかく年齢をクリアして収入があればOKですか?年金では?

とりあえずクリアしないといけない条件は年齢です。学生OKとなっている消費者金融(カードローン)でも、20歳にならなければ利用できません。
また、上限年齢は消費者金融の場合は65~70歳未満まで利用できます※が、そこで最近よく問題になるのが、年金受給者が申し込めるかどうか、という点です。※銀行カードローンの場合は上限年齢は59歳~65歳くらいの設定が多い。
収入が年金の他にある場合は問題ないのですが、年金収入のみで生活している場合、年金を安定収入と見てくれるカードローンは限られています。大手の消費者金融は、どこも年金収入だけでは利用できません。現在年金収入で申し込めるカードローンは

・東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
・オリックスVIPローンカード
・新生銀行カードローン レイク
・みずほ銀行カードローン    ・・・の4社のみとなっています。

 

安定した収入ってどのくらいですか?

安定した収入とは、継続的に入ってくる収入、という意味で、正社員、パート、アルバイトを問わず、安定収入があればOKです。銀行カードローンの中には年収条件(年収200万円以上、など)を設けているカードローンもありますが、消費者金融では年収条件はありません。

正社員で毎日働いている場合は問題になりませんが、パートやアルバイトの場合、どの程度働いていると安定収入になるのかが気になるところです。はっきりした審査基準は明らかになっていませんが、週5日などコンスタントに働いていれば、十分審査上は問題ありません。週に何日かのパートの場合でも、定期的に働いていて、勤務期間も長い場合は、問題ないとされているようです。

 

主婦や学生は申し込めますか?

主婦や学生の場合、安定収入が証明できれば申し込みできます。消費者金融では、貸金業法で総量規制という決まりがあり、借入れが年収の1/3までしかできません。例えば、年収100万円の主婦の場合は、借り入れ合計が約33万円までは大丈夫、という計算です。

注意が必要なのは、無収入の場合です。収入が0円なので、借入可能額も0円になってしまうからです。したがって、アルバイトをしていない学生の場合は、申し込みはできません。また残念ながら、完全に無職の専業主婦の場合も消費者金融を利用することが不可です。

専業主婦や無職の学生の場合は、銀行カードローンが利用できるケースがあります。親や配偶者の収入で申し込むことが出来ますので、どうしてもカードローンが必要な場合は、銀行カードローンで、専業主婦・学生OK、と明記してあるものを利用しましょう。

 

実は外国籍。申し込みできますか?

消費者金融は、もちろん外国籍の方でも申込み可能です。国籍に関わらず、国内に居住している人が対象になっているので、旅行者でなく、永住許可を受けている人なら利用可能です。申込みの際には在留カードや特別永住者証明書の提出が必要になりますので、準備しておきましょう。

関連ページ

消費者金融の審査の方法&基準
低金利の消費者金融を探すならココに注目
主婦にオススメの消費者金融カードローン
Pocket
Post to Twitter
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る